システム開発・Webサイト構築 プラスラス

2004/8/3 火曜日

【BCB】Borland C++ Builder 6にIndyをインストールする手順

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク del.icio.us

Indyとは?

Indyとは、オープンソースのネットワーク関連のコンポーネントです。DelphiやC++ BuilderのProfessional版以上には、元々付いていますが、せっかくなので新しいバージョンのものへ入れ替えて使いましょう。  

以下、ダウンロードからの手順です。

Indyのサイトからダウンロード

http://www.indyproject.org/

のDownloadをクリックして、
「Borland Native Compilers – Delphi, C++ Builder, Kylix」をクリックする。

「Indy9」をクリックする。(現在Indy10はベータ版)

Indy 9.0 Downloadsの下にある
9.0.14 Source code distribution(現在最新)
のZIPをクリックしてダウンロードする。

分かりやすいフォルダに展開

ダウンロードしたZIPファイルを適当なフォルダに解凍する。

解凍したフォルダの中の「Fullc6.bat」をダブルクリックして実行すると、一つ上のフォルダに「C6」というフォルダができる。

この「C6」フォルダをそのまま、C++ Builderのインストール先のフォルダの下などに移動させる。

インストール

C++ Builderを起動する。

メニューバーの「ツール」→「環境オプション」の「ライブラリ」タブで、「ライブラリパス」にIndyのコピー先のパスを追加する。

メニューバーの「コンポーネント」→「パッケージのインストール」をクリックする。

「追加」ボタンをクリックする。

ファイル選択ダイアログが開くので、先ほど移動させた「C6」フォルダを開き「dcIndy60.bpl」を選択して、「開く」ボタンを押す。

最後にOKボタンを押してインストール終了。

*注意
C++ Builderのインストール時に古いIndyを入れている人は、「コンポーネント」→「パッケージのインストール」で古いIndyを削除しておいてください。
また、「プロシージャ エントリ ポイント @Idresoucestring@_RSBindingAny がダイナミック リンク ライブラリ Indy60.bpl から見つかりませんでした。」などとエラーが出るので、C++ Builderをインストールしたフォルダ下のBinフォルダにある、「indy60.bpl」の名前を「indy60.bplold」とでも変更するか、他のフォルダへ移動しておいてください。

Filed under: C++,C++ Builder,Programming — Nakai @ 20:53:45

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.737 sec. Powered by WordPress