システム開発・Webサイト構築 プラスラス

2007/8/16 木曜日

【BCB】アプリケーションをタスクバーに表示させない

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク del.icio.us

C++ Builderでアプリケーションをタスクバーに表示させないようにするには、拡張ウィンドウスタイルにWS_EX_TOOLWINDOWを指定します。
拡張ウィンドウスタイルはWin32 APIのSetWindowLong()で行います。

以下のサンプルでは、メインフォームであるTForm1のOnCreateイベントで拡張ウィンドウスタイルにWS_EX_TOOLWINDOWを指定しています。

void __fastcall TForm1::FormCreate(TObject *Sender)
{
   //拡張ウィンドウスタイルを取得
   LONG exStyle = ::GetWindowLong(Application->Handle,
                           GWL_EXSTYLE);

   //WS_EX_TOOLWINDOWを追加して再設定
   ::SetWindowLong(Application->Handle,
                   GWL_EXSTYLE,
                   exStyle | WS_EX_TOOLWINDOW);
}

Filed under: C++,C++ Builder,Programming — Nakai @ 8:30:41

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.745 sec. Powered by WordPress