システム開発・Webサイト構築 プラスラス

2007/8/1 水曜日

【BCB】現在の日付を取得する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク del.icio.us

C++ Builderで日付・時刻を扱うときは、TDateTime型を使用すると便利です。

システム日付を時刻を含めずに取得するにはDate()を使用します。

また、時刻まで含めて取得するにはNow()を使用します。

以下、サンプルです。

//現在のシステム日付を取得
TDateTime nowYmd = Date();

//時刻まで含めた現在のシステム日付を取得
TDateTime nowTime = Now();

あるいはTDateTimeのメンバ関数を使用して取得することもできます。

TDateTime dte;
//現在のシステム日付を取得
TDateTime nowYmd = dte.CurrentDate();

//時刻まで含めた現在のシステム日付を取得
TDateTime nowTime = dte.CurrentDateTime();

Filed under: C++,C++ Builder,Programming — Nakai @ 3:32:18

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.757 sec. Powered by WordPress