システム開発・Webサイト構築 プラスラス

2008/3/2 日曜日

【RROGRAM】Visual Studio 2008のEditionごとの機能比較

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク del.icio.us

今年リリースされたVisual Studio 2008は、Express Edition、Standard Editon、Professional Edition、Team Systemと4種類の製品構成になっています。

Visual Studio 2008 Standard Edition アップグレード Visual Studio 2008 Professional Edition アップグレード

2008では、.NET Framework 3.0、3.5が正式にサポートされたバージョンです。

新ユーザーインターフェースのWPFや、C#、VB.NETでの新構文などの変更が行われています。

また、これまで、.NET FrameworkのバージョンとVisual Studioのバージョンは、2002では .NET Framework 1.0に対応し、2003では .NET Framework 1.1、2005では .NET Framework 2.0と対応するというように、1対1の関係にありました。

しかし、2008では、.NET Framework 2.0、3.0、3.5を選択して開発できるようになりました(マルチターゲット)。

マルチターゲット

Editionごとの機能の違い

Visual Studio 2008では、下位のEditionでの機能制限が、旧バージョンのVisual Studio 2005のときよりも緩くなっているようです。

これまで、上位のEditionを購入していた人でも、2008では、下のEditionに落として購入しても十分な場合もあるかもしれません。

たとえば、64ビットコンパイラが全Editionでサポートされていたり、Team Systemのみにあった単体テストが、Proffesionalで使用できるようになっています。

また、Officeアプリケーション開発が、2005では4つのラインアップとは別の製品となっていたのですが、2008ではProfessional Edition以上でサポートされるようになりました。

Microsoft公式の機能比較

Editionごとの機能比較の概要は、以下のページで確認できます。
Visual Studio 2008 製品ラインの概要

下記のページでは、より詳細な機能比較の資料をダウンロードできます。
Download details: Visual Studio 2008 Product Comparison Data Sheet(英語)

Express Editionは今回も無償

Visual Studio 2005に引き続き、無償版である Express Editon が公開されています。

下記のページからダウンロードできます。
Visual Studio 2008 Express Editions

ホビーユースには十分な機能があります。プログラムに初めて挑戦する方は、これを試してみると良いと思います。

商用利用への制限もありません。

バージョンアップ版

バージョンアップ版も存在しますので、Standard以上の購入する方は、こちらも見てみると良いでしょう。

無償版であるVisual Studio 2005 Expressからのバージョンアップも可能です。

Visual Studio 2005 Expressは、現在でもMicrosoftのサイトからダウンロードしてインストール可能ですので、実質的に誰でもバージョンアップ版を買うことができます。

通常版とアップグレード版には価格的に結構な差があります。

Amazon Visual Studio 2008 Standard Edition アップグレード版

Amazon Visual Studio 2008 Profesional Edition アップグレード版

楽天市場 Visual Studio 2008 Standard Edition アップグレード版

楽天市場 Visual Studio 2008 Profesional Edition アップグレード版

アップグレード版購入の必要要件は以下のページで確認できます。
<添付資料>Microsoft(R) Visual Studio(R) 2008 日本語版の開発を完了、完成版の提供を開始

ライセンスでの購入

企業などで一括して複数ライセンスが必要であったり、また、個人でもWindows Vistaや旧バージョンのVisual Studioも一緒に欲しいなどの場合は、ライセンス購入の方が安い場合があります。

Visual Studio With MSDNの製品群では、MSDN Subscriptionが付いてきますので、Visual Studioの新旧バージョンや、開発用途に限られますが Vistaを含むWindowsの新旧バージョンなどを入手できます。

マイクロソフト オープンライセンスの割引購入はこちら

関連図書

プログラムを作ろう!パソコン教科書 Microsoft Visual C# 2005 Express Edition入門 (マイクロソフト公式解説書) ひと目でわかるMicrosoft Visual Basic 2005アプリケーション開発入門 (マイクロソフト公式解説書) ずばりわかる!VB&C#―プログラミングの基礎はこれで万全 (日経BPパソコンベストムック)

Filed under: Programming,Programming全般 — Nakai @ 21:13:12

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.878 sec. Powered by WordPress