システム開発・Webサイト構築 プラスラス

2007/4/30 月曜日

【PHP】VS.Phpでのデバッグ時のinclude_pathを追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク del.icio.us

PHPの統合開発環境VS.Phpを使用する際にinclude_pathを追加してデバッグしたい(IDEから実行したい)場合の手順です。

1. メニューの【プロジェクト】→【{プロジェクト名}のプロパティ】をクリック。

2. 【構成プロパティ】の中の【General】にある「Include direcroties」に、使用したいPathを追加して、OKボタンを押す。
(複数ある場合は、セミコロンで区切る)

これで、コード入力にrequire_onceなどでFile Not Foundのエラー表示は出なくなるけれど、Debug実行時にはこのPathは参照してくれません。

そのため、Debugで使用されるApache用にinclude_pathを加えたconfファイルを自分で作成する必要があります。

1. プロジェクトを作成したフォルダの中に自動で作られた.httpd.confをコピーして、mysetting.confなどの別名で保存しておく。

2. コピーしたファイルを編集する。
PHP4の場合は、<IfDefine PHP_4></IfDefine>、PHP5の場合は、<IfDefine PHP_5></IfDefine>の中に「php_value include_path」を追加します。

たとえば、

php_value include_path “.;C:/Program Files/Jcx.Software Corp/VS.Php/V2.1/2005/php 4/pear;D:/追加したいフォルダ名”

などと記述します。

上の「C:/Program Files/Jcx.Software Corp/VS.Php/V2.1/2005/php 4/pear」は、元から設定されているinclude_pathです。
必要なければ、書かなくても良いです。複数ある場合は、セミコロン区切りで羅列します。

3. VS.phpのメニューから、【プロジェクト】→【{プロジェクト名}のプロパティ】をクリック。

4. 【構成プロパティ】の中の【Debug】-【Advanced】を選び、「Apache configuration template」に作成したファイルのパスを入力して、OKボタンを押す。

*元の.httpd.confを直接編集しても復元されてしまうのでダメです。

Filed under: PHP,Programming — Nakai @ 22:41:04

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.713 sec. Powered by WordPress